2008年05月12日

心に残った言葉2



今、『チーム・バチスタの栄光』という本を読んでいる途中である。『このミス』の大賞受賞作であり、映画化もされていたので買っておいたのだが今まで読めずにいた。まだ上巻なのだが、非常に読みやすく、先が楽しみな小説である。
今読んでいる上巻で心に残った言葉があった。それは、『ルールは破られるためにあるのです。そしてルールを破ることが許されるのは、未来に対して、よりよい状態をお返しできるという確信を、個人の責任で引き受ける時なのです。』である。
下巻でミステリーのルールがやぶられるのであろうか?もしそうなら、よりよい状態を期待している。
posted by moto at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。