2008年04月20日

発見力


『ビジネスマンにための「発見力」養成講座』という本を読んだ。「新幹線の改札機から出てくる切符、特急券と乗車券、どっちが上?」とか考えたこともなく、JR東海とJR東日本では異なるということを知って、驚いた。他の例からも、人間、関心を持たないと本当に見てないということがよくわかった。本書では、ものが見えるようにするには、「関心→疑問→仮説→検証」というフローを意識して実行することが大切だと述べられている。これは、研究者が発明を行なう上でも重要なフローである。私も知財の業務を行う上で、本フローを意識して実践していきたいと思う。
posted by moto at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。